木印手記Blog

<< 大徳寺通 今宮通 | main | キャビネット納品 >>

大きなデスク納品

漫画家の友人からアトリエのデスクとキャビネットのご依頼をいただきました。

 

相談を受けてから半年以上もお待たせして、本当に申し訳ないと思いつつ、じっくりアイデアの意見交換を繰り返し、じわじわと温めようやくの完成、本当に大変お待たせしました!

アトリエのデスクにはパソコンとプリンター、デスクライトと画用紙?や筆記用具などが置かれますが、さらに広く余裕のある机ということで、サイズはw2000 d700 h720に決まりました。

大きい机なことと、お部屋がエレベーター無しの4階にあるので、組み立て式で作る必要があります。

その他、脚を組んで座れるよう膝上のスペースにも余裕が欲しいことや、丸脚で北欧っぽい仕上がりを目指すことになりました。

 

丸脚のホゾ組みを今まで避けて通って来ていたので、いちばん腰を重くしていたのがこの点(半年ほどイメトレ)。

腹を決め、丁寧に加工を進めると、意外にうまくいくもので「案ずるより産むが易し」でした。

組み立て式の為のジョイント金具なども厳選しています。

天板は、強度の為の厚みを残しつつ、長時間絵を描いてても疲れない様、柔らかくカーブを取り、見た目にも軽やかに。

 

組み立て式構造で悩んだ奥下の貫でしたが、ジョイント金具を隠すだけじゃなくモノ掛けになるペグを差し込む事にしました。

 

ARUSEで購入のGRASとともに。納品も有瀬さんに手伝いに来てもらっちゃいまして、むちゃくちゃ助かりました。

一つのデスク上で友人同士が結実た様子に感無量です。

ここからまた、ほわほわ新しい作品が産み出されると思うと楽しみでしょうがないです。製作頑張ってください〜!
 

※キャビネットエピソードに続く…

 

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/805

TRACKBACK