木印手記Blog

<< ←MEGANE ROCK VECTOR→ TRUNK SHOW終わりました。 | main |

久我神社秋祭り

毎年11月3日の文化の日は、KIJIRUSHI隣の久我神社の秋祭り御神輿巡行の日です。

 

神社のお手伝いをするようになって3年目、年を追う毎にお祭りのこと、行事の意味がなんとなく肌で染み込んでくる気がします。

もちろん本業仕事もあるので、完璧に参加する事は出来ないですが、様々な祭事の準備や後片付け、そして行事への参加が主なお仕事になります。

年間を通してのいちばん大きな行事がその秋祭り。先日無事に終える事ができました。

巡行の日は朝はやくから集合。

本殿から御神輿へ神様を移し替える「御霊移しの儀」を執り行い、その後考えうる以上の様々な御神輿準備が進みます。

それらのノウハウは総代会のベテランなしには成し得ません。

我々若手はひたすら手を動かします。

12時の巡行出発にはいつも間に合うかとハラハラ…

それが、不思議といつも何とか間に合うのだから、流石神様の存在を感じます。

 

御神輿は、神輿会の担ぎ手さんにいつもお願いしています。

みなさん気合いの入った方々で、少々ビビっています。

所々で氏子さんが巡行を労ってくださいます。その度に神輿は担ぎ成らされ、賑々しくお礼します。

 

子供神輿はウチの長男次男も参加して、アットホームな雰囲気。

約3時間7〜8kmの道程、半分を過ぎた緑町公園でお昼休憩を迎えます。

ここには小森社という境外末社が祀られています。お参りをしてからお弁当を頂きます。

そこからはもう終盤。

今年は順調に進み、ほぼ予定通り15:30に神社へ帰ってきました。

神輿会的にも久我神社は年内最後の御神輿担ぎと言う事で、大きくそして長く担ぎ振られるクライマックスを迎えます。

その迫力は是非見ていただきたい賑やかさで、誇らしく、そして惚れ惚れする光景です。

そうして無事に巡行を終え、御霊を本殿へ移し、後片付けして祭りは終わりました。

また来年も変わりなく皆元気でさらに賑やかなお祭りが催行出来ますように。

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/797

TRACKBACK