木印手記Blog

<< アメリカンダイナー部、赤ちゃんに逢いに… | main | 蜜蝋ワックス完成のおしらせ >>

隔離

インフルエンザで隔離中のウチの長男次男。
2人で、こ狭い部屋に布団を敷いておとなしくさせてる。

何かあればクリスマスにサンタから貰ったトランシーバーで、度々呼び出される。
たまに、しばらく静かだったりする間、2人はどんな話?関わり?コミュニケーションをとってるんかと興味がわく。(確かめてはない)

自分にも2歳上の兄がいる。
同じように、そんな年頃で2人寝てなくちゃならない時間があったらどんな感じだろう?と。

たぶん、これ以上ないほどナチュラルな対人空間が広がってたろうと想像する。

では今、僕と兄がそんなシチュエーションにおかれたらどんな感じだろか?
至極世間、世情に囚われたような話やら、他人の噂話とか?で間を埋めあうに違いない…
たまには密室の7歳と4歳の兄弟の様に、気のおけないコミュニケーションがしたい。
でもあまりにも自然なゆえ、記憶にもとどまらないんだろうね。

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/772

TRACKBACK