木印手記Blog

<< 「ハンゲー(仮)」の夜 with RITZ | main | 作り付け家具について。 >>

料理

今週末の夜営業、ビールのお供に ”筑前煮” を提案。

いつも良子に頼みがちな所を、今回は自分で作ろうかと思いスーパーへ買い出し。

普段、炒め物はしてても煮物は作らない。過去に作ったとしても数年ぶりの料理らしい料理にちょっと腕が鳴る。

 

野菜の値段が高騰してるらしいけど、久しぶりに野菜を買うから値段もいまいちピンとこない。

こんにゃくはちょっと良いやつにしてみたり、鶏肉は鶏肉専門店で買ってもらったり、ちょっとした素材選びが楽しい。

 

夕飯を済ませ、中秋の名月を愛で、子供達も寝静まってからお料理開始(ごぼうとレンコンの灰汁抜きは前もって始めている)。

里芋の皮むきってなかなか手間だ。包丁の切れが悪いとはかどらない。何故こんにゃくをたたくのか?水を抜いている?

落とし蓋して、完全にフタもするなんて知らなかった…

などなど、レシピを見ながら真面目にその通り進めていく。

普段の作業とは違うけど、段取りを追っていく所は似てるかも?頭の中が整理されて楽しい。

そして、レシピ通りに作った筑前煮はちゃんと完成するのでした。

 

今日、明日の夜営業、ビールかジンジャエール(辛)を頼んでもらうと "大将の筑前煮" が付いてきます。

手前味噌ですが、なかな美味いよ!

 

KIJIRUSHI夜営業

9月中の毎 金・土曜日 19:30~

16日・17日のメニュー

ビール¥300 / ジンジャエール¥200 筑前煮付き のみ

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/746

TRACKBACK