木印手記Blog

<< カロト 「革製品と手仕事のもの」に… | main | 展示会@東京 >>

H Tableで納めた2013年

時計の針を少しもどします。 あの楽しかった、だらしなかった、お正月を越えて、2013年12月29日へ…

朝から、2013年最後の納品に、大阪へ向かう車中では、前日借りた宇多田ヒカルを口ずさむ。
高速道路で聞くとしっくりくる、そんな彼女も、もう30か… と。
空気は澄み切り、気温こそ低いが、空は快晴。絶好の納品日和。

納品先の高層マンションに到着、この日の家具はH Table  1600 x 900。
お客様は、Nさま。以前京都にも住まれてたという、愛洛家の方。
お引っ越しを機に家具を厳選される中で、以前「kitone」さんでの展示会でご覧いただいたH Tableを選んでいただけました。
物へのこだわりがとても温かい方で、そんなご家庭に選んで頂けた事を心から喜んだのでした。

組み立て後、H Tableに合わせるために選ばれた、山口和宏さんのj39に座らせてもらい、コーヒーを頂く。
前日(というか数時間前まで)忘年会だったご主人もお付き合い頂き、話す中で同い年である事がわかり、とたんに壁は取り払われ、話が弾み、楽しいひととき過ごさせて頂きました。


Nさまにお礼と別れを告げ、お昼を頂くために、ほど近くにある「ダイヤメゾン」さんへ。
前に来たのも、昨年末最後の納品の後だったような…?
近い様でなかなか来られない大阪ですが、こんな素敵なお店には頻繁に足を運べたらなぁ…と思いを馳せます。

お店の方とお話しながらいただく定食は、一年経っても相変わらず大満足なのでした。

定食でも使われていた、アルミの1人用「寄せ鍋」を持ち帰る事にしました。
後日、さっそく一人鍋に使ってみた様子。

ほんと、ちょうどいいサイズ。

12/29の続き…
京都に戻り、この日まで行ってきた「冬の贈り物展」の搬出にメリーゴーランドさんへ。
長いようであっという間だった展示を片付けながら、店主潤さんたちと談笑する。年末ムードが漂っているなぁ。
スタッフのソーゾー君も前日は忘年会だったらしいし。

この展示でご一緒させてもらった西淑さん。
その絵の魅力は多くの人に周知されてるでしょう。ぼくもこの展示で魅了され、一点購入。

小さくても原画の質感や魅力は小さくなく、心が豊かになりますね。

慌ただしく過ぎ去った年末年始を、今こうして冷静に振り返ってみました。

 

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/545

TRACKBACK