木印手記Blog

<< Japanese Furniture. | main | 冬の贈り物展2013 >>

潔い郵便受け

たまに、リクエストがあると作る郵便受け。
この度、新たにご縁があり作ることになりました。
自宅から自転車で10分程で行ける処にお住まいのお客様で、町家をリノベーションされたカッコイイお宅です。
なのですが、ご連絡頂いたキッカケは画像検索で見つけたのが木印の郵便受けだったと言う事らしくて、光栄でした。

程なく現地へ採寸に伺い、イメージのヒアリングをし、その場で概ねデザインもできあがりました。
取り付け場所が、軒の下で、雨の心配がほとんどなかったこともあり、ずっとやってみたかった郵便受けを提案させて頂く事に…
それがこの郵便受け
郵便受け
工場の近くに堅田という街があり、その堅田でも、琵琶湖に一番近い風情のある界隈で見つけていた郵便受けでした。
その何とも理にかなった形状とアフォーダンス。
素晴らしいなぁと、ずっと心に残っていたのでお宅を拝見した時に「ピン」ときました。

そして、雰囲気はお宅の玄関ドア(使い込まれた足場板)や、大谷石の石垣にも相性のいいラワンの荒材をなるべく生かす、いつも通りの表情を大切にし、
内部は出来るだけ手触りが良い様に仕上げました。
サイズはA4サイズがすっぽりと納まるくらいで…
郵便受け
取付完了。 

表情を合わせたお陰もあり、違和感の無さにお客様もご満足頂けた様子。
末永く、いい便りが届くことを願っております♪




 

COMMENT










Trackback URL

http://blog.kijirushi.net/trackback/538

TRACKBACK