木印手記Blog

jujumaru night 追記

先日お伝えしました"jujumaru night"ですが、オーナーから、私も運営で参加せよとの誘いを受けまして、

僭越ながら29日(土曜日)のみですが、"ヨシ・クルーズ" として、バーテンダーを仰せつかる事となりました。


せっかくですので、何かカクテルでも作っておもてなししようと画策中です。

今回の夜の樹々丸はグッと大人の雰囲気だそうなので、お席に就かれましたら、「いつものやつ」とお伝え下さい。
何かおつまみをサービスさせて頂きます。

代休、雨…

本日、代休いただいております。
妻と自転車で街へ行こうというささやかな願いも叶わぬ雨模様。
しゃあなしで車を出す予定(普段車移動が多いので、休みの時は出来れば車に乗りたくない)。
因みに予定としましては、トラモントで早めの昼食の後、12:15〜のマジック・イン・ムーンライトを見て、移転してから初のKitさんへ行き、これまた北大路ビブレに出来た無印良品で息子のパジャマを買えれば、充実した1日になるのですが、時間が足りるか…
ただいま時間をもてあまし中。早めに出かけてみるかな?

餃子会

昨日予定していた花見も、雨で中止になり、餃子会へと形を変えました。

それならそれで、餃子熱が上がり、食材の買い出しも捗る。

来てくれた友人がみな料理上手なもので、紫蘇餃子に、皮まで手作りの水餃子まで。




とにかく一日中、食べて飲んだので、とてもいい一日になりました。

新年会

昨夜は我が家で新年会。
同じ紫竹エリアの"みたて"さん"てふてふ"さんに加え、"木と根"さんの4家族・10人で、ワイワイ持ち寄りパーティーです。

皆さんお店経営されてる先輩です、今年は何かとお世話になります。


誕生日を次の日に控えたワタ先輩と良知。
久しぶりの再会に、少し時間はかかっても、直ぐに一緒にあそんでました。


てふてふさんのガレットデロワ
遊び心のあるお菓子は、とっても楽しいひと時をより盛り上げてくれます。

話が尽きず、時間を忘れて楽しみました。
今年もどうぞよろしくです!

Mayday

北大路堀川を西に行った南側に「Mayday」っていうBARがある。

そこは、サトシくんっていう凄く男前なマスターの店。
幼馴染を介して彼と出会ったのは、僕がまだ木工所通いしてた20代半ばだったから、10年以上前のこと。
その頃から自分の道を進んでた彼も(その頃は写真や、額作りをしてたと思うが)、今では念願のBARの店主なのだから、10年という月日の大きさを感じる。

そんなサトシ君とは偶然、息子同士が同じ保育園クラスだったことからまた交流が始まった。

子煩悩な彼を見てて思うのは、10年前の印象と比べても違和感が無い。きっと昔から器の大きな人だったんだろうと想像したりする。

そんな彼の店のカウンター椅子を直しました。今度お礼にウィスキーを奢ってもらうことになってて、とても楽しみにしています。

脚がねじれちゃっててグラグラ

一度バラして組み直す

完成。

お花見


4月某日、満開の桜の中、念願のお花見開催。
kitone林さんの呼びかけで鴨川は出雲路橋のたもとにて、友達にも声をかけ、皆で持ち寄り、ワイワイやりました。

持ち寄りという事で、自宅で焼き鳥焼き焼き…


会場に到着したら、既にママ友達絶好調!

キトネさん特製タンドリーチキンなど、載せきれないけど、どれも美味〜♪




3ヶ月遅れで、やっと渡せたわた君誕生日プレゼント(kitoneスタッフ西やん+木印)

最近京都に越してらした友達家族もたのしいね!

そのM田きみちゃん特製リンゴケーキ


ほっこりとkitoneさん野点も始まった。



こちらは相変わらず、ビールやってます。


後半は、子ども達と鬼ごっこでおじさんへとへと〜。

また来年も!

福岡、2日目-2

 B.B.Bポッターズの後、楽しみにしていた「クランク/マルチェロ」

お友達に聞いていた噂通り、その世界観はシビレました。

マルチェロへと向かう階段。
否応無く期待感を抱かせます。そしてその期待に十分応えてくれました。店内撮影NGなのが残念…
休憩に隣の「コフォン」さんへ

こちらの内装もクランクさんが手がけられたそうです。
自家製?と思われるこのアイス、デリシャス!

その後徒歩にてフランス菓子「16区」

マロンパイやダックワーズが有名だそうです。確かにすごい人…ダックワーズってなんぞ?

今日の〆に「フランジ・パニ」へ行ってみる。

この日は小谷田潤さんの企画展中だった。
店のご主人は器を愛して止まない感じ、作家さんとしては嬉しいでしょうねぇ!
お店がなんとも風情ある

炭坑夫の宿場だったとか無いとか…

さてと、日も暮れてきてお腹も空いた。
海の方に車を走らせる…そこで出会ってしまった…
姪の浜「みわちゃん」という店に

偶然にしては出来すぎている、たぶん運命の出会い。

スモークサーモンとアボカドのタルタル、ほっぺたが落ちる感じ、久しぶりだったなぁ。
なんせ、店先でスモークしてるからね

声を大きくして言いたい。福岡にみわちゃんあり!

福岡、2日目-1

 明くる日は納品のため、8時に宿を後に出発。
市街地から30分ほどの所にお住まいで、途中「トリアス」という大型モール(すごい充実している!)に妻子を降ろし、いざ納品!

メールで入念に搬入の段取りをしていただけあって、すこぶるスムーズに完了しました。
「木印」の食器棚をとても気に入って頂いて、ご注文を頂き、感慨無量です。ご主人様にも搬入をお手伝い頂いて、ありがとうございました。この出会いを作ってくれた「さんにんひぐらし」さんにも大きな感謝を!

納品を終え、「トリアス」に迎えに行く。福岡まで来ての「montbell」で山高帽を購入…

いよいよ満を持して、お客様に教えて頂いたお店巡りに入る。
平尾にある「Thoki」さんへ。こじんまりとした可愛いお店。
ちょうどこの日は「恩塚正二」さんのオブジェの展示だった。
店を出る際に、お昼に食べたいお薦めのうどん屋さんを教えてもらった。

薬院にある「杵むら」


看板や店構えからして可愛い雰囲気、しかし食べてみたら本格的においしい!
妻はこちらの看板メニューの「ごま味噌うどん」を。

胡麻の香ばしさと、ちょうど良い濃さの味噌が麺によく絡んでおいしい。
このごま味噌うどんのみ持ち帰りも出来るらしい。
僕は「肉うどんにごぼ天トッピング」。

なぜこのような変化球かと言えば、我が工場ちかくの「博多もちもちうどん」との差を感じたかったから。しかし…
「博多もちもちうどん」でいつも食べていたのは、肉うどんといいながらもしぐれ煮うどんだった…「杵むら」にもしぐれ煮うどんはあったのだけれど、気付いたのはテーブルにうどんが運ばれた後だった…
しかしながら、こちらのうどんももちろん美味しいわけで、つゆは関西より少し濃いめ。だけど不思議と辛くなく、最後まで美味しくいただけた。
妻のごま味噌スープまで飲み干して店を出る。

ちょうど薬院にいたので「PATINA」さんへ向かう。
「PATINA」が入っているビルの1.2Fに「eel」という中古家具屋さんがあり、僕としてはそちらに釘付け。
イギリスを中心としたヨーロッパ家具の数々。

デスクランプ「アングルポイズ」1つとっても遍歴などを詳しく教えてくれる代表者らしき方は、凄い知識なのだろうな。知れば知る程初期型が欲しくなる。めちゃ親切でありがたい。
2Fには数多くの家具達のストックがずらり。

奥にはリペア作業スペースもあり、きっと安心して使える様に心がけてらっしゃいます。

「PATINA」から出て来た妻と合流して、「B・B・Bポッターズ」へ。
聞き慣れない店名だが、福岡ではこちらのご出身の方々が話題のお店を始められてるとの事、いわば登竜門です。
店内にはcafeも併設されているし、品数豊富なのに陳列のうまさですっきりしていた。
セレクトもとても落ち着いたいい感じで、僕としてはペンドルトンのブランケットが欲しくなった。

ちょっと高くて買わなかったけど…

福岡、2日目-2へとつづく…

ベジフェスからの〜福岡、1日目!

 10月9日、下京区「仏光寺」にてベジタリアンフェスティバルへ行く。

仏光寺へは初めて訪れたけれど、この日は境内がテントでにぎやか。野菜中心の食事を秋晴れの中堪能した。


ナンもストーブで焼いてたり、本格カレーをいただく。

マイ食器を持参するのも時代を感じる。
とても気持ちのいい催しに元気をもらい、さぁ今から福岡へ出発!

高速で7時間、良いペース?で到着。まだまだ元気!

福岡は天神にチェックイン。夜の町へ繰り出す。
今まで噂ばかり聞かされて気になり続けていた屋台へ…

ラーメン、焼きラーメン、串焼き、明太子…with Beer


うこんの力下の屋台にて。餃子を包む大将。

ホルモン味噌煮、餃子、その他諸々をもちろんwith Beerで。

福岡の夜はエネルギーにあふれてたな…

福岡2日目へつづく…

歯がゆい

 息子の成長。
私たち親が携帯電話をいじっていると興味津々、息子も触りたいらしい。
渡してみると口へと運ぶ。
これでは水没してしまうので、息子専用端末を用意…

ちょっと贅沢だけどiPh●ne…
さすがに半年の息子には、ちょっと高度か?

いやいや、一丁前にフリック!&ドラッグ!

そしてお口へ…

iPh●ne4もあるのだ。
歯固めに携帯電話…の時代…