木印手記Blog

Dog Cage (別注Fence)

春に一件のお問合せメールをいただきました。

 

「9歳になる柴犬の為に専用のFenceの製作は可能でしょうか?

サイズは1300 x 1100で、頭が挟まらないよう柵の間隔を調整し、出入り口をつけて欲しいのですが。」

という旨のご依頼でした。

 

さっそく製作可能ですよ!とお返事をしました。

標準的な柴犬の頭サイズを調べてサイズをアレンジし、出入り口のイメージを描いて図面をお送りしました。


 

その後、正式にご依頼いただきまして、せいさくにとりかかりました。

すこしお待たせしましたが、とてもいい感じの柵が完成しました。

とてもゆったりしたサイズですから、もちろん僕も入りました(出入り口を這いつくばって)。

 

組み立て方は、4隅8カ所をネジで連結します。

 

発送してしばらくすると、とっても楽しみにしていたメールが!

組み立ててワンちゃんが入ってくれた愛くるしいお写真です。

タクちゃん。始め入った時はいやがって吠えちゃったみたいですが、その後とても落ち着いてくれたとの事。

気に入ってくれたのか、扉を開けていても外には出て来ないんだそう。

ご主人の愛をいっぱいもらってとても幸せそうな寝顔に癒されました。

 

オーダー家具冥利につきるお仕事、ありがとうございました。

DESK CATALOG配布のお知らせ

まだまだ暑い日が続いています。くれぐれも無理せず、体調に気をつけてこの夏を乗り越えたいものです。

 

さて、8月1日から始まっているDesk Showですが、それにあわせて製作したDESK CATALOGの配布も始めています。

店頭ではまた明日8日から実物と共にご覧頂けます。

8月の営業日が残すところ8・9・10・11・12日となっていますので、この機会にぜひお越しください。

 

また、お越しになれない場合でもカタログはオンラインストアで送付の受付をしておりますのでご活用ください。

KIJIRUSHI DESK CATALOG http://store.kijirushi.net/?pid=133890467

SH Chair

久しぶりに… というより、ようやくブログが更新できるようになりました。

というのも、受注後ずっと難航していた椅子がようやく完成したからです。

 

ご新居の家具を依頼して頂いたのが去年の8月のこと。スタッフオギーの先輩のSさま。

そんな間柄に甘え、少しばかりチャレンジングな家具製作にお付き合いいただきました。

このダイニングテーブルとベンチも、そのわがままで製作させて頂きました。

 

テーブルは、H Tableの構造を元にしつつ、曲線や飾り面を要所に施した仕上がりに。

連結部分のボルトナットの仕組みも少し変更しています。

 

ベンチにもダイニングテーブルと合わせた飾り面を座板にほどこしています。

脚部は挽きもの(旋盤によって製作した丸棒)ならではの装飾を施しました。

材のチェリーの雰囲気とも相性よく仕上がったのではないでしょうか。

納品に伺ったのは今年の2月…と、ここまでは順調だったのですが、新しいダイニングチェアを作るにあたっては、なかなか険しい道のりが待っていました。

当初思い描いていたのは、チャーチチェアをベースに、無駄なくバランスのよい椅子にしようと言うものでした。

 

その前に、kijirushiにとっての理想の椅子の要素についてですが、

使う場面において…

・空間に馴染む

・丈夫

・軽い

作る現場において…

・材の無駄が少ない

・無理の無い構造

・今後も作り続けられる

というもの。

 

試作を繰り返す中で、それらの理想を思い出しては立ち止まり、振り出しに戻る。

 

もう一度始めから、自分本位でスタートしようと思い、自分が好きな椅子、惹かれる椅子を考えた時に

たどり着いた答えがシェーカー様式の椅子でした。

出典:winsor chairmakers

この潔く、まっすぐに挽かれた脚や貫、それでいてバランスよく組み立てられた構造物としてのうつくしさ。

簡素ながら、つくづく究極だなぁ〜と感じるのです。

シェーカー様式の椅子を元にデザインされた椅子は過去にもたくさんあったことと思いますが、

できるだけ素直に、自分が惹かれた要素を落とし込めるように。

潔さや構造の美しさを保ちつつ、軽くて掛け心地の良い椅子を目指すに至りました。

 

その際、非常に参考になったのがCH36という椅子。

シェーカーチェアの特徴でもあるまっすぐな後ろ足。そこに組み込まれる角度のある背もたれ。

オリジナルは無垢板3枚積層による成型合板ですが、これを蒸し曲げにより、1枚の無垢板で成型することに。

 

今回の椅子で、この背もたれこそが鍵でした。

この背もたれがうまくいく = 椅子の完成なのでした。

 

凹凸型・蒸し箱・その他諸々の治具や、材料も曲げ木用に新たに発注。

じっくり石橋を叩きながら試作。

座面は工場にあったコットンテープで試し張り。

座り心地も問題なさそうで、後は各々のバランスの調整が必要です。

 

背もたれの高さやサイズ、バランスをPhotoshopで修正。

準備万端。

 

本番の製作はナラ材とチェリー材とで製作しました。

シンプルながら、奥深き椅子作り。本番では木の水分にも注目し、

前後の脚も比較的含水率の高い天然乾燥材を使用しました。

これにより、時間の経過と共にほぞ穴がしまり、さらに丈夫になってくれます。

 

組みました。塗装も施しました。座面は軽くて丈夫で座り心地もよく、雰囲気もいいペーパーコードと決めていました。

ということで、色んな角度からご覧いただきます。

シンプルだからこそ際立つ無垢材の美しい木目、オイルフィニッシュならではの上品な艶、美しいペーパーコードの張り。

椅子はある意味彫刻的だとよく聞きます。すなわち死角が無いという意味なのでしょう。

見る角度によって様々な印象がありますが、どの角度もすごく気に入っています。

なので、これを新たなkijirushiの定番の椅子 'SH Chair' にしようと思います。

 

是非一度座りにきてください。

 

Furniture & General store KIJIRUSHI

京都市北区紫竹上緑町26−1

075-406-7206

水曜日〜土曜日(最終日曜)

11:00〜17:00

蜜蝋ワックス完成のおしらせ

 

本当に久しぶりの更新、ご無沙汰しております。

 

この度kijirushi工場謹製で、自然素材100%の蜜蝋ワックスを作りました。

 

オイルフィニッシュのみで仕上げているテーブルは特に、日々の拭き掃除で塗装がとれていってしまいます。

kijirushiではwatoco oilを使用していますので、メンテナンスには同じくwatoco oilをオイルアップして頂くのが理想ではありますが、塗り方がちょっと難しかったりするので、比較的簡単なワックスが理想的だろうとずっと思っていて、やっと作る事ができました。

これからダイニングテーブルをお買い上げいただくお客様にはもちろんお付けしますのと、これまでにお買い上げいただいているお客様にもメンテナンス用30g(約2〜3回分)を随時お送りさせて頂きます。

くれぐれも漏れの無いようにお調べしてお送り致しますが、お引っ越しや何かの手違いで届かないと心当たるお客様は下記メールにてご一報をいただけましたら幸いです。

mail@kijirushi.net

 

よろしくお願い致します。

姿見

友人がKIJIRUSHIを薦めてくれて、姿見のご依頼をいただき、本日取付けへうかがいました。

工場へ向かう道中で立ち寄れるお宅ということもあり、計測と納品もスムーズにはこびました。

当初、定番のLean Mirrorをご検討でしたが、玄関にスッキリ納まるようにとのリクエストでしたので、壁に密着する形で固定する事に。 見た目も、フレームは極力細身(12mm)で、厚みも極力控えました(25mm)。

 

取付け施工は、裏板へクリップ金具たるものを取り付け、石膏ボードの壁へはアンカーを仕込んでからのビス打ち2発にて周りに固定具を見せずにスッキリと納めることができました。

 

人からオススメしていただける事って、喜びと同時に推薦人へも報いるだけの成果を残す責任があって、よいプレッシャーを感じられます。

食器棚サイズオーダー

先日食器棚をお納めしたお客様から嬉しいお便りとお写真をいただきました。

 

kijirushiを知って頂いたのが、10年前のkitoneさんでの展示の時だそうで、

10年間忘れないでいてくださったのも嬉しいですし、ご希望のサイズでお作りして、

気に入って頂けた事も、とても嬉しく感じます。

 

今回製作しましたサイズは

w600 d400(300)h1750
スペースに合わせたスリムな一台です。

 

そのため、通常より建具の部材を細くするなどの微調整をしました。

とても丁寧に暮らされてる様子がうかがえます。

長くご愛用いただけますように。

'歳末大売り出し' 出品リスト

クリスマスイブ真っ只中、世界がどうか平和でありますように。

そして明日はKIJIRUSHIの歳末大売り出しにお越しくださいね。

 

明日出品する家具等を一部ご紹介。

家具はほぼ一点ものです。どれも使用感や正規品ではないので、状態をご確認いただき、ご納得の上でお買い求めくださいませ。

配送をご希望の場合はヤマト家財便を利用します。

明日以降、メールでの在庫確認/お買い求めもしていただけますが、基本的に明日、店頭でのお買い上げを優先いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

抽斗いっぱい机

w1200 d700 / 500 h720

¥60,000

8年程前にサンプルとして製作し、自宅にて使用

天板奥行きに差

フシ有り

当日は把手を付けて出品

 

机についてるアメリカンなクランプ式製図用ライト(蛍光灯)

¥3,000

 

ベンチ

w1600 d250 h450

¥30,000

半年前に作ったベンチのサンプル品

フォルムは気に入っているものの、座面のたわみに改良の余地有りという事で出品

 

SD Chairのサンプル品 Leather04

w440 d500 h740 sh420

¥15,000

背もたれのアールが正規品より大きい

座面のレザーに汚れ多数、傷多数

 

ペーパーコード編みラワンチェア(無塗装・試作品)

w400d400sh450h750(約)

¥8,000

数年前に製作軽い椅子を作るべく試作したもの

 

ナラアームチェア(生成りヌメ革張り)

w570d520sh400h750

¥22,000

数年前に依頼いただいた椅子のサンプル品

革に汚れ・日焼けムラあり

ナラアームチェア(座面無し)

w570d520sh400h750

¥15,000

上のチェアの座面を張る前の状態

未使用ですが、小傷などあり

椅子張りを別途ご注文頂くか、ご自身で椅子張り屋さんへお持ち込みいただきます。

(別途椅子張り価格 革張り¥23,000 布張り¥12,000ほど)

 

KW Chairサンプル品

w570 d500 sh420 h690

¥25,000

半年前に製作したウィンザータイプの試作品

樹種がバラバラなのと、座面の虫食いがひどいため、黒色ラッカー塗装

 

予定しておりました額は都合により出品致しません。悪しからずご了承下さいませ。

 

kijirushi以外の出品者さんの商品は当日SNSなどで随時アップの予定です。

お待ちしております〜。

 

 

作り付け家具について。

家のご購入を予定されてるお客様から、作り付け家具の依頼をいただきました。

本来、工務店さんが一括で製作施工される部分ですが、特に思い入れのあるキッチン周りや、家族が集まるリビングなどにKIJIRUSHIの家具を入れて頂くことがあります。

私も工務店さんの家具の相場を知りませんので、どのくらい差があるかわかりませんが、おそらくKIJIRUSHIで作る方が高いのは間違いないと思います。

それでも思い入れがある程、取り入れて良かったとか、満足がどんどん増して頂けてるように感じます。

そう思うと、KIJIRUSHIの家具は装飾が少ない分、飽きがこないので住宅によく馴染むように思います。

我々も大事にしている素材感が違和感なく空間に取り入れられることは、一つの特徴でありお勧めできるポイントでもあります。

すこし敷居が高いように思われる注文家具ですが、以下に作り付け家具を注文する流れを紹介します。

・メールにて見積もりを依頼をする。

 設計段階で、竣工時期や納期、取付け依頼の可否。家具を検討されてる箇所や、サイズ/内容/ご要望などを図面と共にお伝えください。概算で御見積をお送りします。 (例/来年3月末頃完成予定の新居台所の図面の箇所に、w1500 d450 h900の作り付け収納を依頼したい。ゴミ箱 (w200 d400 h650) が2つ入るスペース、食器等を収納する戸棚、扉はルーバーを希望。3月中旬頃納品、工務店にて取付け)


・ヒアリングで家具の詳細を詰める。

 KIJIRUSHI店頭での打ち合わせが一番ですが、メールや電話など、ご希望の方法でやり取りさせていただき、ご依頼内容を具体的にしていきます。


・図面と御見積のご確認。

 ご依頼内容が固まりましたら、図面と御見積をお送りします。改めてご検討ください。


・正式発注。

 図面と御見積内容にご納得いただけましたらご入金ください。正式に受注し、製作に入ります。


・発送/取付け。

 家具が完成しましたら、納品日をご相談し、ご指定日に家具を送ります。KIJIRUSHIで取付けの場合はご指定日時に納品と取り付けをします。

概ね以上のような流れでご依頼いただけます。


御見積は無料です。ご不明な点など、気軽にお問合せください。


KW Chair

久しぶりに定番の椅子を作りました。

SD Chairを作ったのはいつだったか?かれこれ6〜7年は経っているはず。

ずっと椅子は作りたくて、ただ一度取りかかると完成するまで相当な時間を要するので、先延ばしにし続けていました。

 

そんな時、メリーゴーランド京都店での朝食イベントのお誘いを頂きました。

そこに参加する作家さんたちが皆さん好きな方ばかりで、急に気合いが入りました。

 

まず、作りたい椅子のイメージは背もたれがスポークであることや、脚は挽きもの(木工旋盤)という所が出発点。

あれこれ考えて行き着いたのがイギリスの伝統的なウィンザーチェアでした。

見れば見るほど、知れば知る程ウィンザーチェアに興味と憧れが湧いてきて、もう避けられない。

デザインは、現代の住宅にも調和するようシンプルに、テーブルの下に収まる高さだったり、日本人にあったサイズや角度等を意識しました。

ラフスケッチを繰り返し、イメージを絞ってみると、どうやら僕は木を曲げないといけない様です。

イメージに沿って図面を引きつつ、ベニヤや端材で原寸の試作を始めます。

座り心地や、座った様子、全体のバランスをチェック。

試作を繰り返し、徐々に現実的になった頃、ようやく覚悟を決めて曲げ木の準備を…。

 

道具を取り寄せたり、作ったり、曲げたり、失敗したり、成功したり。

新たな技法への取り組みは、自信をくれます。

今回、完成までたどり着けて本当に良かった。

そして、また6〜7年もあける事無くまた椅子作りをしたいとも思いました。

 

そんな新作椅子は 'KW Chair' と名付けました(KIJIRUSHIのウィンザーチェアの略)。

今日から紫竹のKIJIRUSHIショールームにて展示しています。

柔らかく支えてくれる座面や、手触りの良い曲げの背もたれとアーム、そして意外にも軽量なところなど、知って欲しい事がたくさんありますが、何よりも座って感じてもらいたい。そして是非感想を聞かせてくださいね!

KW Chair

w550 d470 h690

ナラ材/オイルフィニッシュ

¥58,000(税別)

 

お問合せはKIJIRUSHIまで

603-8427

京都市北区紫竹上緑町26−1

075-406-7206

"新SOFA" モニターの募集

現在製作中の新しいSOFAを、モニター価格にてご購入頂ける方を募集しています。

以下の条件とお願いにご協力頂けて、購入をご希望されます方は、募集期間内に直接店頭か、お電話、メールにてご連絡下さいませ。

 

・京都近郊の、弊社で配送が可能な地域にお住まいの方(京滋地区・大阪市内他)

 それ以外にお住まいのお客様には配送代金のご負担にて承ります(ヤマト家財便)。

・ご自宅で、SOFAを設置した画像をお送り頂ける方(送って頂いた写真はHP、SNSなどで使用させて頂きます。)

・お使い頂いて感じた使用感、ご意見をメールで頂ける方。

 

      サイズ:w1750 d900 h850

         価格:¥250,000 (税込み)

   募集期間:8月3日〜8月31日 

      メール:mail@kijirushi.net

電話・FAX:075-406-7206
   募集人数:1名

※基本的に先着順でのご案内です、詳しくはお問い合わせ下さい。

 

何よりも"くつろげるソファ"をテーマに、クッション式にて製作。

生地にはリネンバードのリネンキャンバスを贅沢に使用しています。

夏はもちろんさらっと気持ちよく、冬も暖かくお過ごし頂けます。

アームレストの台形は身体のラインに優しく沿うように。

脚は、ちょうど手に馴染む程のガラスコップをイメージ、主張し過ぎず、まとまりのあるデザインに。

 

是非一度店頭にてお試し頂き、ご検討をお願い致します。